閲覧履歴

利用規約

第一条(利用規約)
本利用規約は、あるある祭り運営事務局(以下「当事務局」と言います)が企画、開発、運営するサービス「http://aruaru.me」上に表示されるサイトを示し、以下、当サイトと言います。)」を利用することについてのサービス利用規約(以下、本規約と言います)を定めることを目的とします。
第二条(利用規約の変更)
当事務局は、自らが必要と判断した場合、利用者の事前の了承を得ることなく、随時、本規約を変更、追加、削除できるものとし、当該告知を当サイトに掲載した時点から、効力が生じるものとします。また、本告知後に利用者がサービスを利用した場合には、当事務局は、利用者が本規約変更後の内容に同意したものとみなします。
第三条(当事務局からの通知)
1.当事務局は、利用者に対する通知を、本サイト上へ掲載することにより行うものとし、当該通知は、本サイト上へ掲載した時点から効力が生じるものとします。
2.利用者は、当事務局が通知する内容を、随時確認する義務を負うものとし、利用者が当該確認を怠ったことにより発生する利用者自身の損害に関しては、当事務局は一切責任を負いません。
第四条(本サービスの終了)
1.当事務局の判断により、本サービスの終了を決定した場合、速やかに終了予定日を利用者に告知するものとします。
2.本終了告知は、当サイト上への掲載にて行うものとします。
3.本サービスにて収拾したあらゆる情報は、当事務局の判断にて、消去することができるものとします。
第五条(利用者の定義)
利用者とは、本サービスを使用する個人、法人、団体を言います。
第六条(本規約の遵守)
利用者は、本規約を遵守して本サービスを利用するものとします。
第七条(自己責任)
1.利用者は、本サービスの利用を通じて発信される情報の取り扱い及び、それに関連して発生する一切の行為と結果についての責任を自己で負うものとします。
2.利用者は、本サービスの利用により当事務局又は他社に対して損害を与えた場合、自己の責任と費用をもって一切の損害を賠償するものとします。
第八条(禁止行為)
1.利用者は本サービスの利用にあたって、以下の行為をしてはいけません。
(1)本サービスや、それによって配信される情報自体への課金を目的とした利用
(2)第三者への直接の商行為を目的とした継続的なサービスについての利用
(3)サービスの正常な動作を妨げる過度な利用
(4)不正なアクセスや方法による利用
(5)公序良俗に反する目的への利用
(6)本サイトへのリンク(http://aruaru.me/)の設置のない利用
(7)本サービス用の設備に不正にアクセスする行為
(8)当事務局が提供するサービスの解析、リバースエンジニアリング
(9)本サービスの改変
(10)当事務局による本サービスの運営を妨害する恐れのある行為
(11)その他当事務局が不適当と判断する行為
2.前項に記載する各号の行為を確認した場合は、当事務局の判断によりその利用を停止、もしくは登録された個人情報及び登録情報の消去を行えるものとし、それによって利用者に生じる損害については、当事務局は一切その責任を負いません。
第九条(クッキーの使用)
1.当事務局は、当サイトにおいて、利用者の利便性向上を目的とし、クッキーを使用する場合があります。
2.当事務局は、利用者がクッキーをブロックすることを認めるものとしますが、それにより、当該利用者の正常なサービスの利用に支障が生じ、これによって何らかの損害が発生したとしても、当事務局は一切の責任を負いません。
第十条(広告の掲載)
当事務局は、当サイト及び、当サイトのサービスを用いた当サイト外部のウェブサイト上において、第三者の広告を掲載する権利を有するものとします。
第十一条(本サービス内容の変更、中断)
1.当事務局は、本サービスの内容を予告なく変更することがあります。また、それによって生じる利用者または第三者に生じる損害について、当事務局は一切の責任を負わないものとします。
2.当事務局は、以下いずれかの事由が生じた場合には、株式会社グレープは利用者に事前の通知を行うことなく、サービスを中断することがあります。
(1)本サービス用設備の保守を行う場合
(2)停電など不慮の事故、地震などの天災、戦争、騒乱などにより本サービスの提供が出来ない場合
(3)その他、運用、技術上の問題から、本サービスの一時的な中断が必要であると当事務局が判断した場合
第十二条(免責事項及び損害賠償)
1.当事務局は本サービスの利用に関連して発生した利用者または第三者の損害について、当事務局に故意、故意、または重大な過失がある場合を除き、一切の責任を負わないものとします。
2.当事務局は本サービスの安定的な運用に努めますが、本サービス用の設備の故障、停電や通信回線の異常などの不可抗力により、利用者の情報や本サービスに関するデータ等が消失、紛失することがありますが、当事務局は、自らに故意、または重大な過失がある場合を除き、これによって利用者または第三者に発生する損害について、一切の責任を負わないものとします。
3.本条の規定にも関わらず、裁判所の確定判決等により本規約上の当事務局の免責が認められない場合には、当事務局は、利用者の被った通常かつ直接の損害に限り賠償をする責任を負担します。
第十三条(管轄裁判所)
利用者との間で訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。
第十四条(準拠法)
本規約に関する準拠法は、日本法とします。

附 則
本規約は2013年9月10日から施行するものとする。

4/29 (Sat) 注目あるある